綾里漁協六次化プロジェクト

綾里漁協(綾里漁業協同組合)は、岩手県大船渡市の東部に位置する綾里地区を管轄する漁業組合です。栄養豊富な三陸漁場のど真ん中に位置し、ワカメやホタテ、ホヤの養殖、鮭やサンマ、イカなど漁船漁業、ウニ、アワビと海の幸に恵まれた地域です。

綾里地区遠景。東日本大震災で甚大な被害を受けましたが、
多くの支援を受け復興しつつある地域です。

しかし、綾里の漁業を取り巻く環境は多くの課題を抱えています。ひとつは漁業者の高齢化と担い手不足。もうひとつは、海洋環境の変化による、不漁や生産量の減少です。

これまでの綾里地区は、春はワカメ、夏はウニ、秋はサケ・サンマと、季節ごとに旬をむかえる海の幸で浜は賑わい、漁業者と漁協をうるおす重要な収入源となってきましたが、昨今はサンマ、サケ、イカと多くの魚種で不漁が深刻化しています。

綾里の定置網でとれるクロマグロ。
資源の減少、漁獲規制により水揚げ減少している魚種のひとつです。

漁民をとりまく状況は厳しいものですが、そんな中、これまで商品化されていなかった水産資源を有効利用し、漁業者自身が綾里の水産資源の価値を開拓しようと始まったのが、綾里漁協六次化プロジェクトです。これまで市場流通していなかった「未利用資源」や、十分に付加価値がついていなかった資源の商品化に、漁業者自身が挑戦するプロジェクトです。

プロジェクトの一号製品。「綾里おかぁの味 塩ウニ」。色味がわるく市場流通しないウニを加工することで、付加価値を高めることを目指しています。

プロジェクトでは、第一弾として「綾里漁協女性部」がオリジナルレシピで製造する各種水産加工品に取り組みます。一号製品は、「綾里おかぁの味 塩ウニ」。色味が悪いなどの理由で出荷ができない「二号品」と呼ばれてきたウニを利用し、秘伝のレシピで塩ウニに加工しました。浜のお母さんたちが味に太鼓判をおす逸品です。

製造設備、販売能力など、まだまだ課題だらけでヨチヨチ歩きのプロジェクトですが、できることから一歩ずつ取り組んでいきますので、応援いただければと思います。

塩ウニ製造を決議した、綾里漁協女性部会合での写真撮影。
できることから一歩ずつ、すすめていきます。